ERの哲人:救急研修マニュアル 医学部では教えない救外の知恵
著 者
:山中克郎・岩田充永・澤田覚志
判 型
:B6変型 2色/一部カラー
発行年
:2006年
頁 数
:268頁
ISBN
:978-4-902470-33-8
電子化
:あり

定価 本体2,800円+税

  • 内容紹介
  • 目次
 名古屋医療センターで4版を重ねた「救急ガイドブック」を、ブラッシュアップした救急総合診療のガイドブック。救急医療現場で迅速かつ適切に救急処置をおこなうための標準化をめざした実践的マニュアル。
 初期研修医にもわかりやすいよう臨床のポイントをおさえた解説、ガイドライン、重要文献の紹介でevidenceを示し、リスクを冒さない思慮深い救急医療を追求した実践に裏打ちされた労作。

Part0 基本中の基本

  1. 救急室での診療録記入
  2. 救急室でのプレゼンテーション
  3. 心電図簡易チェックガイド
  4. 酸―塩基異常
  5. 救急外来輸液の基礎知識

Part1 救急処置プロトコール

  1. ABLS
  2. PBLS
  3. ACLS-心停止、虚血性胸痛、徐脈、頻脈、脳血管障害
  4. JATEC
  5. 災害医学

Part2 症状からのアプローチ

  • 失神、せん妄、発熱、咽頭痛、頭痛、めまい、視力障害、胸痛、呼吸困難、咳、腹痛、吐血・下血、嘔気・嘔吐、下痢、便秘、腰痛、浮腫、発熱と発疹、鼻出血と聴力障害、四肢のしびれ、血尿、歩行障害、排尿障害

Part3 救急疾患の診断と初期治療

  • ショック、脳血管障害、一過性脳虚血発作、クモ膜下出血、意識障害、急性冠症候群、うっ血性心不全、大動脈解離、高血圧緊急症、急性呼吸不全、アナフィラキシー、気管支喘息、肺塞栓症、市中肺炎、感染症、Sanford Guideの使い方、消化管出血、急性腎不全、電解質異常、糖尿病性昏睡、低血糖、頭部外傷、頸部外傷、骨盤外傷、四肢外傷、見逃しやすい骨折、創傷処理・処置、熱傷、中毒、異物誤飲、体温異常、職務感染事故、虐待、小児救急、精神科救急、婦人科救急、救急外来業務に必須の法律、死亡診断書および死体検案書の作成

Part4 薬剤

  1. 救急薬剤投与量早見表
  2. 小児への薬剤投与量早見表
  3. 妊娠と薬剤
  4. 薬剤相互作用
  5. 重大な副作用
  6. 薬物血中濃度
  7. 救急薬剤