考えるER-サムライ・プラクティス
編 集
:志賀 隆
判 型
:A5判 2色
発行年
:2014年
頁 数
:400頁
ISBN
:978-4-908083-02-0
電子化
:あり

定価 本体5,000円+税

  • 内容紹介
  • 目次
 わが国はじめてのERのスタンダード教科書です.ERはかつて単なる初期研修の場としての総合救急外来として,あるいは時間外救急を支える野戦場としてとらえられてきましたが,それはそれで有用ではありましたが,本書はそのような研修医や救急医が代替要員としての診察,検査,診断や手技を身につけるためだけの場ではなく,あらゆる臨床医学のエッセンスを学ぶ場として,アメリカで本格的に専門領域としてのERの臨床,研究,教育に従事し,帰国後日本で若手リーダーたちのソサイエティーEMアライアンスの中心メンバーである編者を中心に,今最も全国の研修医から注目されている地域医療振興協会東京ベイ・浦安市川医療センターのERのスタッフが総力を挙げて執筆しています.
  • 推薦のことば
  • 序文
  • 編著者略歴
  • 執筆者一覧

Ⅰ.救急医個人として知っておきたいこと

  • 1)ERでの心得・プロフェッショナリズム
  • 2)6 competencies 〜ERにおける研修カリキュラム
  • 3)医師のQOL・疲労時の対処法

Ⅱ.より良い部門運営のために

  • 1)問題患者への対応
  • 2)法律関係
  • 3)M&Mカンファレンス

Ⅲ.より良い救急システムのために

  • 1)トリアージ
  • 2)コンサルテーション
  • 3)Disposition
  • 4)電子カルテの利用
  • 5)帰宅指示書について

Ⅳ.救急臨床力を磨こう

  • 1)ERでの診断推論
  • 2)Clinical Prediction Rule
    • 総 論 プレディクション・ルールを使おう!
    • 各 論
    • その① 膝外傷・足外傷
    • その② 小児の頭部外傷
    • その③ 頭部外傷
    • その④ 一過性脳虚血発作
    • その⑤ 失神
    • その⑥ 髄膜炎
    • その⑦ 咽頭炎
    • その⑧ 頸椎損傷
    • その⑨ 胸痛,急性冠症候群
    • その⑩ 心房細動
    • その⑪ 市中肺炎
    • その⑫ 肺動脈血栓塞栓症
    • その⑬ 上部消化管出血
    • その⑭ 急性虫垂炎
    • その⑮ 小児の発熱
  • 3)ケース・スタディ〜ERに潜む落とし穴〜
    • Case1 Wellens症候群
    • Case2 閉鎖孔ヘルニア
    • Case3 網膜剥離
    • Case4 甲状腺クリーゼ
    • Case5 咽後膿瘍
    • Case6 抗ヒスタミン薬中毒
    • Case7 肺塞栓症
    • Case8 橈骨遠位端骨折
    • Case9 小児の尿路感染症
    • Case10 転換性障害
    • Case11 WPW症候群
    • Case12 壊死性軟部組織感染症
    • Case13 QT延長症候群
    • Case14 消化管出血
    • Case15 溶血性尿毒症症候群(HUS)
    • Case16 肘内障
    • Case17 Wallenberg症候群
    • Case18 糖尿病性ケトアシドーシス
    • Case19 タコツボ心筋症
    • Case20 急性心原性肺水腫
    • Case21 COPD急性増悪
    • Case22 過換気症候群
    • Case23 アナフィラキシー
    • Case24 化膿性椎間板炎
    • Case25 腸結核
    • Case26 ギランバレー症候群
    • Case27 腹腔内膿瘍
    • Case28 脳底動脈閉塞症
    • Case29 特発性急性硬膜外血腫
    • Case30 男性の尿路感染症