[Vol.6 No.1 季刊春号]特集:BrainAttack時代の脳卒中のER t-PA時代の初期診療におけるER医の役割を確立する
企画担当
:橋本洋一郎・本多英喜
判 型
:A4変形
発売日
:2009年03月25日
ISBN
:978-4-902470-51-2

定価 本体2,500円+税

  • 内容紹介
  • 目次

特集 BrainAttack時代の脳卒中のER t-PA時代の初期診療におけるER医の役割を確立する

  • 企画・Editorial:橋本洋一郎・本多英喜
  1. 脳卒中診療の「今」
    1. 脳卒中専門医ってなんだ?/井 清司
    2. 脳卒中患者を担当する診療科はどこか? 搬送先をどこにすべきか?/本多英喜
    3. 脳卒中専門医が常時対応できない 医療機関で救急医ができることは?/本多英喜
  2. How to Practice for Stroke
    1. Snap diagnosis/平野照之
    2. 脳卒中を疑ったら/高橋 毅
    3. 脳卒中のクリティカルパス/米原敏郎
    4. ERでどこまで検査するの?/和田邦泰
    5. くも膜下出血のERでの初期治療/西 徹
    6. 脳出血のERでの初期治療/西 徹
    7. 脳梗塞のERでの初期治療/寺崎修司
    8. 脳梗塞急性期の外科的治療ってあるの?/坂井信幸
    9. 神経内科医から救急医への要望/伊藤康幸、他
    10. 脳神経外科医から救急医への要望/長谷川秀、他
    11. リハビリテーション専門医からの救急医への要望/井上 勲、他
  3. 初期評価と初期治療
    1. ERでどこまでやるの?/日比野壮功、他
    2. 初期治療医としての救急医の役割は?/赤坂威史
    3. 意識障害の評価とGCSを使いこなすには?/有嶋拓郎
    4. ERで評価する必要のある高次脳機能障害とは? 1)言語障害/稲富雄一郎
    5. ERで評価する必要のある高次脳機能障害とは? 2)記憶障害、失行、失認/稲富雄一郎
    6. NIHSS(National Institutes of Health Stroke Scale)/齊藤正樹
    7. 神経内科医へコンサルトすべき神経症候は?/中原圭一、他
    8. 忘れてはいけない若年者の脳卒中は?/橋本洋一郎、他
    9. 一過性脳虚血発作はどうするの?/原 靖幸
  4. 脳卒中患者のプレホスピタルケア
    1. 救急隊員に必要な神経学的所見のみかた/渡邊雅男、他
    2. ERで情報収集に役立つ現場からの情報とは?/長谷川泰弘
    3. 救急搬送患者でみられるピットフォール/瀬戸雅美、他
    4. 精神障害を呈する脳卒中患者がいる!?/田北智裕
  5. 脳卒中患者のリハビリテーション、在宅医療
    1. 脳血管障害急性期に早期離床を推奨する理由/橋本洋一郎、他
    2. 脳血管障害回復期・維持期の治療と社会復帰への道筋/渡邊 進
    3. 脳卒中に関する市民・患者啓発/中山博文、他

対談

  • 魅力ある救急医学構築の視座/有賀 徹 VS 坂本哲也

連載

ER必須薬30(26)

  • エダラボン、オザグレルナトリウム、アルガトロバン/山城清二

ドクター林のERの裏技(26)

  • 「ハァーイ!ここに医者がいます!」あなたは飛行機の中で手を挙げられますか?/林 寛之

済生会福岡総合病院臨床教育部カンファレンス・リポート(21)

  • 左片麻痺を主訴とする53歳の男性/島松晋一郎

ERで見逃してはならない骨折・損傷

  • ERで見逃しやすい骨折 下肢編その2(最終回)/徳永日呂伸

都庁前総合診療科外来待ったなし(連載第1回)

  • なんでこんな病気が都心部で?/関 正康・原田芳巳・大滝純司

研修医山田君トホホ日記(17)

  • 作・画/茨木 保

Updates

  • 井上 望

BOOK shelf

  • 「内科医のための心臓病診療アップデイト」(本多英喜・木戸友幸)
  • 「こどもの皮疹診療アップデイト」(熊谷直樹)