違いを生み出す消化器内視鏡―静岡がんセンターの奥義、すべて教えます
監 修
:小野裕之
編 集
:堀田欣一 他
判 型
:A5判 4色
発行年
:2020年
頁 数
:260頁
ISBN
:978-4-908083-54-9
電子化
:なし

定価 本体4,200円+税

  • 内容紹介
  • 目次
 消化器内視鏡分野は近年、目覚ましい進歩を遂げ、高度に専門分化した知識と技術が求められるようになっています。本書の編集にあたった静岡がんセンター内視鏡科は、2002年に開設され、現在までに多数のレジデントが卒業し、日本全国で活躍しています。そのなかで、代々引き継がれてきた “静がんの奥義” をここに余すところなく公開します。
 本書は消化器内視鏡に共通する「学ぶ心得」から、「上部消化管」「下部消化管」「胆膵」のそれぞれの領域の各論、そして「学術活動」の項目で構成されています。特に「学術活動」の項目は、カンファレンス、抄読会から学会発表、さらに臨床研究の発案から計画書作成、症例報告執筆、原著論文執筆などを取り上げており、類書にはない本書の「ウリ」になっています。
 これから消化器内視鏡を学びたい若手医師にとっては絶好の指南書であり、若手医師の教育に困っている指導医にも是非読んでいただきたい一冊です。
  • Ⅰ.消化器内視鏡を学ぶ心得
  • Ⅱ.上部消化管
  •   1.上部消化管内視鏡検査(EGD)
  •   2.上部消化管内視鏡治療
  • Ⅲ.下部消化管
  •   1.大腸内視鏡
  •   2.小腸内視鏡
  • Ⅳ.胆膵
  •   1.胆膵超音波内視鏡/EUS-FNA
  •   2.胆道ドレナージ
  •   3.十二指腸ステント
  • Ⅴ.学術活動